読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院へ

ももちゃん1歳 健康の記録

今日はももちを病院へ連れて行きました。

足の指が先日から赤くなってて、腫れちゃってたのです。

でも散歩の様子とかはまったく変わりなくて、痛そうにもしていなかったんですけどね。

ただ気になるようで舐めていました。

 

病院の前に、軽くお散歩して排泄を済ませようと思って、街の真ん中の公園へ!

ここは緑がいっぱいだけど、私の感覚だと最も街の公園。

ももち歩けるかなぁと心配したけど、OKでした!

そろりそろりと探検しながら歩けました。

街の方から聞こえてくる音にもそんなにビックリしなかったよ。

f:id:boromoufu:20161130135544j:plain

かわいいね!ってたくさん言ってもらった♪

ご年配の方は秋田犬がお好きですね。

 

公園の後、病院へ。

抱っこで突入(笑)

前は診察台で看護師さんに唸ってたので、大人しく診察うけられるかすっごく心配していたんですが、大丈夫でした!

前回は夏前の受診で、保定係(私)と、おやつ係(ばあちゃん)で行ったのですが、今日は私だけだったので保定のみでおやつなし。

でも普通に平気だったね、ももちゃん!

抗生剤と塗り薬をいただいてきました。

f:id:boromoufu:20161130140155j:plain

数日前の指の写真です。

今はもうちょっと乾いてる感じ。

来週郡山のお散歩会があるので、それまでにきれいに治っているといいな。

体重は27.5㎏くらい。

あと、ヒートがまだ来ないんですって話をしたら、ボルゾイとかサルーキとかも一歳半〜二歳って子もいるから大丈夫ですよって。

そうなんだ〜。

 

今日は色々な部分でももちの成長を感じられて、嬉しかったです。

ももちもがんばったね!ありがとう。

 

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村

家の中での守りを予防する

食べることを褒める フードアグレッシブ

f:id:boromoufu:20161128204137j:plain

ももを迎えて、これだけは絶対、と思っていたことがあります。

家の中で家族に対して守り行動をさせないこと。

普段の様子を見ていて、ももちは怖がりさんだし、自分を守る気持ちが強い子だと思います。

自分と他人との境界もはっきりしているから、もともと自分のスペースに入られるのが気になるタイプです。

ももちが守る必要はないと思えるように育てたくて、ずっと取り組んでいることを書いてみます。

 

食べることを褒める。

手から食べさせる。

食べているときに、触られて嬉しい部分を触る。

ももちゃんの食事中の器に美味しいものを足す。

固いおやつは私が持っていて食べさせる。

一つのお皿から交代に食べる。

ももちゃんがベッドで寝ているときにさりげなく近づき、声を掛けて美味しいものを口元に置く。

 

要は、ものを介してスペースを意識する場面でも、次にいいことがあるよ、だから守らなくていいよ、と伝えたかったんです。

 

こういう守り行動って、優位性攻撃行動と言われることが多いですね。

犬が上になって自己主張している、と。

ですがこの本には、強迫性障害の人に似ている、と書かれています。

動物が幸せを感じるとき―新しい動物行動学でわかるアニマル・マインド

 

強迫性障害というのは人間だと、手が汚いような気がして何度も何度も生活が成り立たないくらい頻繁に洗ってしまう、自分でも止められない、というような状態です。

それって、犬が優位になっているのとは発想がまったく違うと思いませんか?

犬は不安なのですね。かわいそうな状態だと思います。

だからまずは安心させてあげられればいいのではないでしょうか。

これは今もずっと継続してて、ももちは今のところ家族から自分を守る行動は出ていません。

と、こんな風に、食べ物を使うのは行動を教えるとき褒めをパワーアップするだけじゃなくて、こんな取り組み方もあるのですよ、というご紹介でした。

 

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村

先日雪が降りました

ももちゃん1歳


雪楽しい

 

おはようございます。

この間は予想もしない積雪で、ももちもすっごく喜んでいました。

やっぱり雪国生まれ♪

 

仕事が忙しくて、ちょっとの間ブログ記事の更新はゆっくりペースになると思います。

みなさん風邪などひかれないように〜。

でもたまには更新するので見に来て下さい(^o^)

今日もよい一日を!

 

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村