読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叱らない、を伝えようとがんばってます。

f:id:boromoufu:20160815185829j:plain

 

うちのばあちゃんが、ももちゃんのヤンチャぶりに戸惑って「こういう時はどうしたらいいの〜」って聞いてくることがあります。

小型犬だったら何の問題にもならない程度なんだけど、嬉しくて飛びつくとか、食卓に足を掛けるとか、服を引っ張るとかですね、私はももちゃんを制することができるけど、ばあちゃんはちょっと怖いんですね。

なので、そういう場面があれば、ばあちゃんに話して、なんとか乗り越えていけるようにがんばっています。

 

その時に、伝わりにくいな〜と思うのは、「叱らない」ということです。

例えば、ももちゃんがテーブルに足を掛けて、食べ物をとろうとすることがあるんです。

(私のものはとらないんですよね、ずっと奪われないように取り組んできたので。)

ばあちゃんは、ももちゃんが足を掛けてから、ダメだよって降ろすんですね。

 

私からの注文(^^;)は、足を掛ける前に阻止して、ってことです。

足を掛けてから降ろされるだと、よりフラストレーションがたまるし、ばあちゃんからの働きかけの割合に嫌なものが増えちゃうじゃないですか。

 

私が母に受けた教育で、賢いな〜と今でも思うのがあります。

スーパーに買い物に行ったら、私は背中で手を組むように言われていたらしいです。憶えてないけど。

商品を勝手に触らないように、っていうことですね。

 

ももちゃんも同じだよ、ってばあちゃんに言ったら、「子どもにはとことん我慢することを教えたけど、ももちゃんにはできないんだよね〜」だって(笑)

孫なんだね、ももちゃんは。

 

叱らないという中身は、取られて困るものは届かないところに置く、興奮や噛みを誘発しない接し方をする、させたくない行動は100%阻止する、が含まれていて、これがなかなか難しいようです。

 

ももちゃんの、犬としての感情や行動が読めないから、次が予測できないみたいですね。

 

叱らないのはやりたい放題させることじゃなくて、叱らなくても(脅したり罰したりしなくても)、教育できるよ、困った行動にストップがかけられるよ、ってこと。

ばあちゃんがももちゃんとうまく暮らしていけるようにがんばろう!

コミュニケーションのチャンネル

f:id:boromoufu:20160807110428j:plain

嬉しくて書いてしまう!

ももちが、民家の庭先に人が居てもビビらない割合がさらに高まりました。

しかも少し寄って行きたげにします。

前は人がいるとパニックになって逃げるか、吠えまくるか、どちらかでした。

この間は、庭で車の修理をしている人がいても平気でした♪───O(≧∇≦)O────♪

しゃがみ込んで車に何かしてるって、怪しいじゃないですか。それでも平気でした。


それに、カーテンを開ける人を見たときも大丈夫でした!

(前はパニックになって、しばらくその道は通れませんでした)

カーテンの向こうに赤ちゃんがいたけど、ももちはシッポをフリフリして嬉しそうにしてました。

子どもが好きみたいです。


ももちが、楽しくお散歩できていることがすごく嬉しい。

取り組まなかったらきっとこうはならなかっただろうと思います。

吠えても罰しなくてよかった。

世の中には怖がってる子にも、行動が間違いなら罰を与えるトレーナーがいるそうな。

犬が支配的になっているんだって。

それって違うでしょう。

普通に考えればわかること。


人慣れ・環境慣れだけじゃなくて、最近特にももちゃんとのコミュニケーションのチャンネルが開通してきたのを感じます!

怖くなっても「あれは○○だね〜」で安心して、怖いものから目をそらすことができたり、近寄ってはいけないものは「それはしないで行くよ」でスルーしたり。


排泄も、なかなか場所が決まらなくて出ない時も、すごいな〜いっぱい出るかな〜さすがだな〜と、励ますと出やすくなってきました。(これは排泄している時に声をかけ続けて、条件づけしてきました。)


このあいだの水曜、木曜と、本格的な雷が鳴って、かなり近くに落ちた時も(停電したくらい)、雷が良いことの前触れになるように、対提示。

はじめはビビってたけど、平気になって行きました。

こうやって、コミュニケーションの礎を作って行くんですね!

これが信頼ということでしょうか。


実は先週、私が講師として初めての勉強会を開催しました。

参加者の皆さんに助けていただいて、無事終えられました。

ありがとうございましたm(._.)m

前日は気持ち悪くなるくらい緊張しました(笑)

まずは自分がしゃべったことを、自分で実践しなきゃね!

がんばろう!


普通に爪が切れる!

f:id:boromoufu:20160728185815j:plain


ハズバンダリートレーニング、受診動作訓練ですが、家庭犬だと病院だけじゃなくて体を拭くとか歯みがきとか、もっと言えばリードをつけるとかまで入りますかね。


ももちゃんはたぶん小さい頃にあまり人の手でハンドリングされてなくて、何をするにも超カミカミさんでした。

でも、いろいろ工夫してハーネスをつけられるようになり、体を拭けるようになり。

そして、爪切りも何の抵抗もなくできるようになっています♪♪

まだ、一日一本ずつ切ってるんだけど、嫌がる感じがゼロです!

ものすごくものすごく手足が敏感で、何かに触れるだけでピャっと足を引っ込めてたけど、生活の中で自然な流れで触って、鈍感になってきました。

単純に、成長のおかげもあると思うけど、何も取り組まなかったらこうはならなかっただろうな。

取り組みがリンクしてきてうれしいな!


次は歯みがきをがんばりたい!!

f:id:boromoufu:20160728185732j:plain