読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンコさんに触れていますか?

ももちゃん1歳 ハズバンダリートレーニング

f:id:boromoufu:20170129194510j:plain

こんばんは。

最近、ももちが人の気配がある場所も歩けるようになって来てとても嬉しいです〜。

歩ける、を越えて、歩きたい、と思ってるようです(≧∀≦)

朝も夜も、車で行きたいとアピールするので、お付き合いして車で近場の公園とかに行っています。

今日は、一年前近寄ることもできなかったスーパーの前を歩けました!

商店街を歩けるようになれとは言わないから、住宅地を歩けるようになったらももちの世界が広がる気がするよ。

がんばれももち〜。

 

さて、タイトルの、触れていますか?ですが、そのままの意味です。

触れてますか?^^;

私は毎日毎日ももちにヨーグルトをあげるときに保定のスタイルをしながら食べさせています。

固形の食べ物をあげるときには、片手でつまんで食べさせて、もう片手で顎を支えるように触れます。

どちらも、お手入れや診察の練習になりますよね?

まずは触れられるのが嬉しくなるように、好きなものと触れることを一緒に与えてあげると良いと思います。

毎日のほんのちょっとした取り組みで触れられることが好きになれば、最終的に触られたら落ち着ける、という関係になれますね。

ももちは、小さい時からパニックになりやすい気質なので、触れて落ち着かせることを延々と繰り返してきました。

なので、家で警戒吠えしそうな時など、触れることで落ち着かせます。

ワフ!で放っておくともっとワオオオオーンになるけど、ワフ!で体に触れてあげるとスッと落ち着きを取り戻します。

興奮しているときに触らない、触ってはいけない、と言われることがありますが、触れられることを好きにする段階を飛ばしてしまってるからそういう発想になるのでしょうね。

皮膚感覚がすごく敏感だなぁと思うももちですが、今は寝てるときに触ってもビクともしませんよ〜。

安心してくれてることが嬉しいですね。

あと、触るコツというか、気にさせない触り方というか、相手が触ってきた時に自然な流れでこちらも触ることだと思いますよ。

オモチャで遊んでる時に体をぶつけて遊ぶとか(≧∀≦)

 

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村

テレビで犬をいじめるしつけを放送するのはもう止めて

こんばんは!

今日はとても冷え込んでいますね。

家の中に居るのに寒いです(^^;)

 

さっき夕食を食べながらテレビを見てたら、ダメ犬しつけ的な短いVTRを見ちゃいました。

2才のゴールデンで人に飛び付いて仕方ないのがお悩みだそうです。

それをトレーナーがしつける、という流れでした。

で、何をやったかというと、犬の腰にリードをぐるりと一周巻いて、飛び付いた瞬間にそれを引く、というもの。

その理論は、犬の首は親犬にしつけられるために強くできているけれど、腰は弱い部分で、首の10倍痛みを感じるから、そこに負荷を掛ければ効果が高い、という様なことを言っていました。

 

あのテレビを見て「じゃあうちもやってみよう!」と思った方がいたら、お願いですから止めて下さい。

人に飛び付くって、確かに度が過ぎれば問題ですけど、それは人が好きだからでしょう?

VTRで飼い主さんも、人が好きで好きで飛び付いちゃうんだって言っていました。

好きだよーって飛び付いたときに腰を引っ張られて痛い思いをしたら、犬は人が嫌いになるかもしれません。人は怖い、危険だ、と思う可能性が高いです。

そしてもしかしたら、怖さから人に触れられることを避けたり、攻撃したりするようになるかもしれませんね?自分の飼っているワンコを触れなくなってしまうかもしれないわけです。

実際、ゴールデンの子は飛び付かなくなってたけど、トレーニング以前はすり寄るように甘えていた人が触ろうとしたら一瞬緊張が走った表情をしていましたよ。

そもそも、飛び付きが問題なら、飛び付かないように飼い主が止めればそれで問題解決じゃないですか。

そして犬が大人になるのを待てば飛び付かないように育つと思います。

難しいトレーニングは必要ないと思います。 

犬も人も傷つける可能性のあるしつけ・トレーニングをテレビで流すのは本当に止めて欲しいです。

f:id:boromoufu:20170124214728j:plain

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村

リードワーク1回目に参加しました

チャーリードッグスクールのリードワークワークショップに参加しました。

新幹線で新横浜公園へ!

5回シリーズのワークショップに参加させていただくのは初めてです。

風が吹くとヒヤーっとしましたが、日が出ていたので良かったです。

 

リードの基本の持ち方や操作、犬具の話、などなどお話をうかがいました。

世の中のスクールの中には叱らないと言いつつリードショックはする所がある、のが現状のリードワーク。

それは犬の体と心を傷つけますから、もう無くしていきたいですね。

リードワークワークショップでは、リードショックなしで吠えや攻撃性を改善していくテクニックを学べます。

今日は12歳の犬さんと、8ヶ月の犬さんのリードをお預かりして、お勉強させていただきました。

ワンコさんのしたいようにさせるのが必ずしも落ち着かせることにはならない、ということが今日の私の学びです。

 

吠えにはリードショックを、なんて誰かに言われたら、

私はしません、技術がありますから」って言い返せるようになるのが良いらしいですよ(・∀・)

そうなれるようにがんばろう(笑)

2回目もとても楽しみです−!

 

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村