読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甘噛みから思春期噛みへ

f:id:boromoufu:20160419115203j:plain

 

思春期噛み、なんてあるのか?!って感じですけどね^_^;

勝手に付けました。

 

ももちゃんは6ヶ月を過ぎました。

体重は測ってないけど、確実に20キロは超えてるよね。

ご近所のボーダーコリーくんより大きくなりました。

写真で着けてるハーネスは23〜30キロ用です。

 

それで最近、噛み方が変わったような気がして。

人の肌に強く歯を当てちゃいけないって分かってない?と少し心配になりました。

トレーナーさん(いつもお世話になってるチャーリーママさん)に相談したら、そろそろ思春期だね、と。

 

わあー!もう思春期?!

我が家に来てまだ3ヶ月しか経ってないのに!

 

なので、今は思春期対応で、がんばっています。

「ここまではいいよ。これはダメだよ。」を静かに伝えています。

 

散歩していると、何か気持ちが高揚した時とかに、リード噛みしたり、飛びつき噛みしたり、服を引っ張ったりします。

私はスルーしたり、取り合わないよ、という対応をしています。

夕方の散歩はばあちゃんも行くのでばあちゃんにも噛むんだけど、昨日は噛もうとして、マズルを向けたけど、自分で止めていました。

ちゃんと自制が効かせられるんだと知れて、なんだか感動しました♪

ばあちゃんは「どうして私ばかり噛むのかな?興奮させるようなこと私がしてるのかな?」って言ってたので、

「ばあちゃんの側に行くとホッとして噛むんじゃない?」と伝えておきました。

あながち嘘じゃない、自分を出せるって意味では(^^)

 

家でも寝ぐずり的なタイミングで噛んでくる事が多いです。

かなり痛いので、私は物理的に噛めないように、顎のラインを手で押さえて、お尻を脚で挟む保定でやり過ごしています。

そうすると、自分で伏せたり、ひっくり返ってお腹を出したり、リラックスに至りますね〜。

 

今まで、叱らずに、追い詰めないように、接してきました。

それと同時に触られても過剰に驚かないように取り組んできたことが、保定でリラックスさせられる今に繋がっているなぁと実感しています。

 

ハクは触れて保定では落ち着かせられませんでしたから。ハーネスをつかむことで落ち着かせていました。

 

でも上の対応って、いわゆるアルファロールみたいですね( ̄▽ ̄)

ももちゃんは嫌なのを我慢してるんじゃなくて、遊びの延長で安心して受け入れています。

 

母犬のように、強くて優しい、忍耐強い飼い主になれるようにがんばろう!