読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動画をご紹介します

今日はお友達のトレーナーさんがシェアして下さった動画をご紹介します。

 


【虐待の実例:電気ショック首輪・棒で殴る訓練】訓練所における虐待と将来への課題Vol,2:DOGGY STATION Vol.40 (愛犬と人との暮らしを考える番組)/犬のしつけ

 

驚くような内容ですよね。

噂には聞いていたけど、本当にそうなんだ、と私も初めて観たとき衝撃を受けました。

しつけ・トレーニングとか訓練という言葉を使われると、藁にもすがりたい飼い主さんは「そういうものなのか」と思ってしまうかもしれません。

でも普通の感覚で考えて、電気ショックや棒で叩くなどは虐待ですよね。

保護動物を扱う団体などでも「早くしつけて里親さんの元へ、それが犬の幸せ」という考えもあるようですが、そのしつけが犬にとって虐待であれば本末転倒だと思います。

この動画でお仕置き棒を使っている訓練所は私の住む地域から車で1時間の場所です。

あそこでたくさんの犬たちが今も暮らしているんだと思うと、この寒い時期ですから毛布や暖をとれるものは与えられているのかなとか、考えてしまいます。

問題が直らなければ一生そこで暮らすそうですね。

動画でも言っていますが、虐待訓練じゃ直らないですよ。

一時行動が無くなったように見えても、またいつか爆発しないと本当に言えるでしょうか。

安心して暮らせる犬になるとはとても思えない。

まずは、なぜ噛む吠えるなどの問題が起こるようになったのかを考えなければならないと思います。

そのワンコはどのような生まれだろうか。

身体の不調はないか。

人の接し方にまずいところがあったのではないか。

まずはそこからだと思います。

これを知った以上は虐待訓練にはNO!と言える飼い主になりたいです。

 

にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村